幸せ

その昔の中世ヨーロッパ、日本、その他海外地域のどこでも様々な形での支配階級が制度として明確な意味をもった地位があった。
現代人は教科書で読み流すくらいにしか受け取らないし実生活で地位というモノを実感することはほとんどない。
なぜ実感することが薄れてきたのだろう。

社会が成熟し人の尊厳みたいなものが叫ばれるようになるとそういった意味での地位は自然と消えてなくなるようだ。
代わりに職業が職種といったモノが社会的な地位指標に取って代わって使われるようになってきた。
しかしそれすら今を生きる世代にとってみてれば前世代的なモノに思えてしまう。
それはつまり社会的な地位というモノが必ずしも幸せとは限らないということに気付き、
憧れない社会的地位というのが見えてきたことにあると思う。
年収が高く社会的地位も高い人が絶対的に幸せではない。
イコールそれは幸せでない人が果たして地位が高いと言えるのかという疑問でもある。
オンリーワン教育もそれに拍車をかけたかもしれない。
休日の過ごし方ひとつをとっても今は色んなことを選択できる。結婚という形に対しても社会は寛容になった。
幸せの多様性が地位のもつ憧れや魅力をさらに薄めていったように思える。
多様性に応えようとする社会とそこから広がる文化。その中でも様々な地位が産まれては消えていっているのだろう。
でも実は地位というモノの本質は人があってのモノ。きっと格付けしたがるのは人の心の中にある本能そのものだと思う。
集団生活をおくるサル、犬、ライオンなどの動物群れ社会では常にボスというものがいて内部統制をとっている。
そしてそれが崩れたときに波乱が起きる。
集団を構成する生きものにとって社会的地位は定めであり必要なのモノなのかもしれない。

環境

いきなり味気ないですが人間を物理的にみたときにそのスペックって大半は大差がないかなと考えています。
向き不向きによる方向性の違いはあるにせよ育てているのはその人のおかれた環境かなと。

その人を見るときにこれまでどういった人生を歩んできたのか、言い換えるとどのような環境で育ってきたのかという予備情報があると
人格形成のプロセスを知るうえで理解しやすいです。それも幼少期の経験まで遡ってみると色々と面白いです。
リーダーシップを発揮できる人間はやはりそれまでの人生経験のどこかでも疑似体験をしているように思えます。
クラスの学級委員だったり、部活動のキャプテンだったり、もしくは自分で何か立ち上げたり。それは社会人になっても同じことが言えるのではないでしょうか。
なるべくしてなったというよりも勤務年数がそれなりになって、はからずともなってしまった管理職。
こういうパターンが日本的でとても多い。そしてなって初めて管理側の立居ふるまいを学ぼうとするわけです。
課長の仕事ハウツー本が売れるわけです。自分も買いましたが。
その人はその地位、立場、環境におかれて初めて管理職としての成長を始めます。
誰も助けてくれない、自分が先導する立場で判断していかなければならないという責任感がその人を次のステージへぐっと引き上げてくれます。
当然耐え切れずつぶれちゃう人もいますけど。
その責任感は職務的地位が上がれば上がるほどに増してくので最終的な地位についたとき
社員とその家族含めた多くの人間を食わせていかなければならないというプレッシャーときたら、想像しただけでオエツがでそうです。
うちの二代目社長はどうもそういうタイプじゃなさそうですけども。

年のはじめは凧揚げしたい
お年玉くじの当選番号
毎年お年玉くじを楽しみにしている方はコチラで当選番号と引き換え時期の確認を。当たっていれば郵便局へ急ごう。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»