想像の自分

ちょうど10年くらい前まだ20代そこそこだった学生時分の私は週に2回はオールで遊んでいた。
あの頃は思いっきり部活もしていたので体力は有り余っていたのは間違いないが若かったなと思う。

今は30代前半のこれから社会を背負っていく年代に入ったが、一方で一番自分の体力とまだイケると思っている(思い込んでいる)
想像の自分とのギャップが大きい年代なのかもしれない。そう自覚することがだんだんと増えてきた。
一番は体の衰えの感じ方、基礎体力の低下だ。まずは夜が遅くまで起きていられなくなった。
週末の夜などは平日できない夜更かしをして映画を見たり、インターネットやゲームをしてみたり、はたまた友達を遊んでみたり、
本当はしたいことが山ほどある。それなのに夜12時を過ぎたあたりからもう眠くなってくる。挙句、映画を見ながら撃沈してしまうのがもっぱらである。
二番目に実際に食べられる自分の量に対して想像している自分の食欲への過信がある。
おなかが空いてどうしようもないときにレストランに行こうものならこれでもかとオーダーする。
勢いよく注文するのだが実際に食べ始めるとこれが全然食べることができない。
すぐにおなかいっぱいになってしまう。悲しいかな。昔は人間胃袋とまで称されていた自分が情けない。
先人たちはそんな私に今のうちに運動しろだの食事に気を付けろだのあれこれ健康についてありがたいお説法をくれる。
そんなものと思っていたのにだんだんとボディブローのようにジワジワ効いてきた。
明るい老後のためにとりあえずダイエットしようと思う。明日からね。

牛肉の部位
上質な牛肉など取り揃えた精肉専門・食肉卸業者
和牛から輸入牛肉、豚肉、鶏肉、内臓類など、 豊富な種類の業務用精肉をご提供。安全な品質と安定した商品。
meat-kimura.co.jp/

«
»