中間管理職

私のように小さな会社に勤めている人間にとって地位というのは社内的には何の意味もなくって、
むしろ変に役職が付こうものなら残業代カットの良い口実に使われるに違いない。

会社がコンパクトになるにしたがって一時的に無駄な管理職がどんどんいなくなった時期があった。
その後いつの間にか社長以下、次に偉いのが主任という不思議な状態になった。
きっとコストがかかっていただけの専務、常務、部長、課長の立場の人間を次々となくしていった結果そのような格好になったんだと思う。

なんたって主任は良い。残業代もつかないし(つけないし)、マネジメントとプレイヤーの両役を担わせることができるのだから
会社にとってこれ以上ない人件費削減になったことだろう。
一方で社員はたまったものではない。要求される内容は増えたのに給料は上がらないのだから
働けば働くほど損をしている。いや、そう思ったら不幸への階段を降り始めたようなものかもしれないが。

ところが実際にそういう体制で動き出したら組織がきちんと機能しなくなってしまった。
それはそうだ。マネジメントのスキルは人を使わないと身につかない。
今まで人を使ったことがない人間が偉くなってしまったのだから。

優秀だった社員から順番に主任にしていったのにかえってそれが仇となった。
特に個人成績が良かった人ほど、他の人に仕事を任せられない体質だったのだ。
人を使えない上司はこれまた問題で、そんな上司はいらないのだ。

要は適材適所の考え方だと思うが、これが意外と露骨な結果として表れてしまったのだ。
人はそれぞれ得意不得意があって当然なのだが人の上に立つ人はその人のキャラクターを含め、なるべくしてなるものだと思う。
そしてそういう私も上には社長しかいなくなってしまったうちの一人なのだが。

東京の食肉卸業者
品質を追及する東京の食肉卸業者の公式サイト。個人向のパーティーセットも。
meat-kimura.co.jp/

»