問題解決力

何かに取り組んだときに次はもっとうまくやろうと考えたとき、そのためにクリアしなければならならい課題の発見、
問題の定義付け、そして解決策の模索がはじまる。仕事はこの連続だと思う。

何の仕事でもきっと必要だと思われる問題解決力は普遍的なスキルなので例え違う業種であってもある程度対応することができる。
それを生業にしているのがいわゆるコンサルタント会社なのでしょう。
世界的にも有名なコンサルタント会社の書籍をいくつか見ると問題に対するアプローチがロジカルに、体系だった手法として確立されていることに驚いた記憶がある。
この発見は学生の頃に通った予備校で現代国語にも数学のような解答の導き出し方があると知ったときの感覚ににている。
でも一番重要なのはこのあたりの普遍的なスキルは良くも悪くも普遍的ということ。
学んだ手法をきちんと咀嚼(そしゃく)して自分のものにすることと、自分の取り組もうとしている内容に置き換えて実践できるかという点がキーポイントだと思う。
自分も問題解決に対するアプローチ手法はフレームワークだけであれば100くらいは自学で学んだつもりだが、
学ぶのは簡単でも実際に行動し結果につなげられているかと言われると微妙なところがある。
とは言え何かに取り組もうというときにやみくもに行動して無駄な時間を過ごしてしまうよりはもっと最短ルートで且つ的確にアプローチできた方が仕事の生産性は上がる。
これからのビジネスマンは仕事のボリュームが増す一方なのでこういったスキルを身に着けておくことはたしなみの一つなのかもしれない。

タイムカードを無くそう!
サーバーベースの勤怠管理システム
今の時代はサーバーを利用した勤怠管理システムがトレンド。コストパフォーマンス優先ならコチラにお問合せを。
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«