サプリメント

人が内側からキレイになるための基本はやはり食生活なのでしょう。生まれも育ちも九州の私はとんこつラーメンに背油トッピングで育ってきたのでコラーゲンだけは過剰摂取してきたと思うんです、多分。

とはいえ、さすがに年を取ってくるとそんなことばかりしていられないので、運動不足と真摯に向き合い、体に良いモノをと考えてはみるのですが、
必要なものを必要なだけ日常の食生活で接種しようとすると実際のところかなり大変なんですよね。
頑張って栄養を取ろうとするんだけどカロリーばかり取っちゃう。そして美味しいものに限って大体カロリーが高い。
カロリーは足りているんだけども栄養失調という、まさに現代人の鏡。もちろん、見た目はぽっちゃり三歳児みたいな体型なんですけども。
そんな食生活を続けてきた私は会社の健康診断では毎年要精密検査というダメ人間の烙印を押されるわけなんですが。
それに加えて最近は異常気象の影響なのか野菜がすごく高い。ヘルシー志向でいこうかなと考えていた矢先にキャベツが一つ250円とか。
都内に住んでいるとフルーツもまたお高いのです。田舎で育った私にとって野菜はタダみたいな環境で育ってきた私には信じられないお値段の野菜たち。
もはやお野菜様と言っても過言ではない。おかしいのは自分なのかな。
そもそも野菜を買って調理している時間も無いのはないんですけど。
こうやって一通り誰もが通るであろう思考ルートを順調にたどった挙句、無事にたどり着くのが美容のサプリメントなのです。
とりあえずラムネのようなサプリメントも良いけど、青汁から始めてみようかと思う月並みな私でした。

犬にも腫瘍ができる

子供のころから家には猫や犬、うさぎ、ちゃぼ、モルモットなどの動物がいて、自分が独立してからも動物と一緒に暮らしたいと思うようになりました。

犬を迎えるにあたって、こちらの準備が出来ていないことにははじまらないので、そのきっかけになったことは結婚して住宅を建てたことです。
そして、自分が以前から注目していた「ビーグル犬」のブリーダーを探して子犬が産まれたら連絡してもらい、何度も見に行き、親犬や同胎で生まれた兄弟たちとの生活を見学しながら、最終的に目の合ったかわいい子を選ぶことができました。

家では迎え入れる準備を着々と進め、生後2か月ほどたったころに我が家へやってきました。

それから3年がたち、こちらもずいぶん慣れて自信がついてきたので2頭目の子を迎え入れました。

ビーグル2頭、それぞれ10才と7才になりました。
基本的には丈夫な犬種ですが、犬としては高齢の域に突入してきたようで、やはりさまざまな異変が体に現れてきます。

毎年予防注射の時期になると併せて血液検査なども行い、数値を見ながら体調をはかってきましたが、10才の子に腫瘍ができてしまいました。
検査の結果は悪性で、切除手術をしました。
再発が怖いですが、体に負担の多い放射線治療や抗がん剤治療はどうしても避けたかったので、さまざまなサプリメントを服用して様子を見ている状態です。
今はとても元気に過ごせています。

今どきの犬たちはずいぶんと長生きになり、その分人間同様に病気も出てきます。
家族として後悔の無いよう最後のその日が来るまでしっかり面倒を見ていきたいと思います。

»